『サイコパス3』考察/ビフロストとは?意味からその正体に迫る

PSYCHO-PASS
この記事は約6分で読めます。

今夜放送がスタートするアニメ『サイコパス(psycho-pass)3』。

最近Amazonプライムで同作を知った筆者は楽しみで仕方がありません。

そんなサイコパス3ですが、ビフロストなる謎の組織が登場しました。

今回はこのビフロストに注目!

  • ビフロストって何?
  • 正体や目的は何?
  • そもそもどんな意味?

…といった方の疑問に答えるべく、僕の考察(妄想)を行います。

先に結論を述べると僕自身はビフロストを以下のような組織だと考えています。

  • ビフロストの正体はシビュラシステムの監視が及ばない特権階級の組織
  • ゲームと称して社会情勢に干渉しシビュラシステムの破壊が最終目的

上記に至った経緯をビフロストの意味や1話の登場シーンなどを踏まえて考察します。

『サイコパス』シリーズのネタバレ情報があるので閲覧にはご注意ください。
過去作見れば『サイコパス3』の楽しさUP
キャラへの愛着も、謎解きの考察も深まる
全シリーズ配信中のFODは初回1ヶ月間0円

『サイコパス3』考察/1話に登場した正体不明のビフロストを復習

サイコパス3期の1話でビフロストが映るシーンは極わずか。

考察の前に『サイコパス3』の第1話で描かれたビフロストのシーンを振り返りましょう。

  • ビフロストメンバーが囲んでいるテーブルの中心から浮かび上がるホロ

怪しさ満点のビフロストの評議会。テーブルの中心にはホロが現れます。

この登場シーンにてラウンドロビンという単語も出てきました。

 

ラウンドロビンとは何かしらのシステムで、そのホロがシステムのUIかもしれません。

今分かっていることはラウンドロビンの声がめっちゃ男前であるということだけです。

  • ホログラムには慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフの写真が…

浮かび上がったホログラムにはサイコパス3の2人の主人公の画像が…。

ビフロストの会議になぜこの二人が出てきたのかは現在のところ分かりません。

 

ただ、この2人は何らかの事件の真相を追っていることが1話で判明しました。

推察ですが、ビフロストが何らかの理由で2人を泳がしているのかもしれません。

  • 「この社会での真の自由を賭けて」怪しさ満点のビフロストメンバーの台詞

ビフロストメンバーが口にする台詞はどれも謎めいたものばかり。

 

「この社会での真の自由と権利を賭けて心躍るゲームをしようじゃないか」

…という代銀遙煕の台詞の意味とは(企み顔がヤバいですね)。

 

「あなたが破産しかねない。最悪の場合、ラウンドロビンに執行されるわよ」

…大人エロ雰囲気のある裁園寺莢子が新メンの法斑静火に言った台詞も意味深。

文脈から察すると”ラウンドロビンに執行”は死を意味している気がしますね。

  • 「空売り」といった言葉が飛び交うビフロスト 投資ゲームをしているのか

サイコパス3の1話で墜落した航空機のメーカー株の空売りを提言するシーンもありました。

ビフロストは機関投資家のように何兆円規模でマネーゲームをしているのかもしれません。

 

『サイコパス3』1話60分のうち、ビフロストが登場したシーンの時間は非常に短いです。

しかし、多くの謎が散りばめられておりインパクトが大きかったですね。

 

次はビフロスト(リフロストとも聞こえるけどたぶんビフロスト)の意味を調べてみました。

冒頭に述べた僕の考察にこのビフロストの意味が大きく関わっています。

『サイコパス3』考察/ビフロストの意味は北欧神話に関連した

ビフロストの意味を調べると意外なことに北欧神話に繋がりました。

アベンジャーズにも出るアスガルドの神が天上界から地上にかけた橋の名前だったのです。

 

ビフロストには「揺らぐもの」という意味があり、”虹の橋”とも言われているのだとか。

虹と言っても7色ではなく赤、青、緑で構成されており、赤は「炎」を指しているそうです。

 

この炎によって巨人達のアスガルドへの侵入を阻んでいるのだとか。

なお、このビフロストは北欧神話での世界の終焉を指すラグナロクに登場します。

ラグナロクとは、北欧神話におけるアスガルドの神々と巨人や獣の間で繰り広げられた戦争のこと。この戦いにより世界は滅びたとされています。

スルトと呼ばれる黒い巨人を先頭に巨人達がこのビフロストを渡ったとされているのです。

北欧神話ではこのスルトたちが渡ったことで橋自体が燃え尽きてしまったとされています。

『サイコパス3』考察/ビフロストをシビュラ破壊の組織と考えた訳

ビフロストの正体に関して僕は以下のように考察しました。そのワケを解説しましょう。

  • ビフロストの正体はシビュラシステムの監視が及ばない特権階級の組織
  • ゲームと称し社会情勢を裏から干渉しシビュラシステムの破壊が最終目的

シビュラの監視が及ばない特権階級と考えたワケ

理由は主に2つあります。

  • 「この社会での真の自由と権利」を賭けられる立場にあるから

代銀遙煕の台詞にあった「この社会での真の自由と権利」のくだり。

同台詞における“この社会”とは、シビュラシステムの監視社会のことではないでしょうか。

 

真の自由と言っている点を踏まえると、シビュラに縛れない自由があることが伺えます。

ビフロストのメンバーはシビュラの目を欺く術を持っているかもしれません。

  • ビフロストの由来が神の世界から地上にかかる橋の名前だから

前述の通り、ビフロストの意味は神の世界から地上にかかる橋の名前を指していました。

ビフロストの由来を考えると、一般社会とは別格の層に属している感じがあります。

 

天上界(特権階級)から持てる権力で地上(シビュラ社会)を操る…。

そんな意味合いにも感じます。そのため、特権階級層の組織なのではと思いました。

 

また、ビフロストメンバーのなりを見れば富裕層であることは明白ですしね。

財力と権力、そして社会的地位を持っていなければあのオーラは出せませんよ。

社会情勢に干渉しシビュラの破壊が目的と考えたワケ

こちらの理由は1つです。

  • 「シビュラの干渉を防ぎビフロストの利益を守る」という裁園寺の台詞

『サイコパス3』1話の後半にてビフロストメンバー・裁園寺が以下の発言をしました。

「シビュラの干渉を防ぎ、ビフロストの利益を守るのが私達の役目」

 

ビフロストの利益を守るためなら最悪シビュラの破壊もいとわない。

…と捉えることもできますよね。

  • ビフロストの意味が北欧神話における”終末“に関わる言葉だから

ビフロストは北欧神話のラグナロク、世界の終末に大きく関わるワード。

そう考えるとサイコパスに登場したビフロストも世界の終末に関わりそうですよね。

 

例えば、サイコパスにおける”世界の終末“がシビュラ社会の崩壊と考えたらどうでしょう。

ビフロストはシビュラの破壊を目的にしている。…とも考えられますよね。

 

上記のような背景から勝手にビフロストの正体やその目的を考察(妄想)してみました。

まとめ/北欧神話を踏まえると社会崩壊に繋がる組織ではありそう

北欧神話のビフロストは終末を匂わす単語で、それ自体が世界を滅ぼしたワケではありません。

そのため、同作のビフロストの目的がシビュラの破壊という考察は違う可能性もあります。

 

ただ、ビフロストの存在がシビュラ社会を脅かすという展開は間違いない気がしますね。

以上、ビフロストの考察特集でした。ここまで読んでいただきありがとうございました!

※「お前の考察くそ!俺はこう思う」という方がいたらお気軽に書き込みお願いします。

『サイコパス』全作を観れるのはFODだけ
過去作見れば『サイコパス3』の楽しさUP
キャラへの愛着も、謎解きの考察も深まる
エンタメにそこまでお金を出せないって?
FODは初回登録で月額888円がタダになる
しっかり楽しみつつ、ちゃっかり節約可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました