サイコパスのこれまでの時系列を解説【3から見始めた方必見】

PSYCHO-PASS
この記事は約9分で読めます。

ついに放送がスタートした『サイコパス3』。

本作をきっかけにサイコパスシリーズを知った方も多いのではないでしょうか。

そこで『サイコパス3』で初めて同シリーズを見始めた方必見!

サイコパスの時系列をわかりやすく解説します。

  • 『サイコパス3』の話に追いつくために時系列を知りたい
  • 『サイコパス』シリーズの過去作品の繋がりを知りたい

…といった方はサクッと最後までご確認ください。

『サイコパス』シリーズのネタバレ情報も若干あるため、閲覧にはご注意ください。
過去作見れば『サイコパス3』の楽しさUP
キャラへの愛着も、謎解きの考察も深まる
全シリーズ配信中のFODは初回1ヶ月間0円

サイコパスシリーズの時系列はわかりやすい!基本公開順

サイコパスシリーズは現在放送中のシーズン3を除いて、7作品あります。

内訳はテレビシリーズが4作品、劇場公開作品が4作品です。

劇場版の一部作品を覗いて公開順=時系列となっており、時系列で並べると以下の通りです。

2112年 夏 『サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian』(映画)
2112年 11月 『psycho-pass サイコパス 1』
『psycho-pass サイコパス 1 新編集版』(TV)
2114年 『psycho-pass サイコパス 2』(TV)
2116年 7月 『劇場版 psycho-pass』(映画)
2116年 10月 『サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』(映画)
2117年 11月 『サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方へ』(映画)
2120年 10月 『サイコパス 3』(TV)

『サイコパス3』から見始めた方は2120年の世界を描いている点に驚くかもしれませんね。

近未来の世界とみせかけて100年後の世界を描いているんですよ。

 

ちなみに『サイコパス』シリーズの公開順で並べると以下の通りです。

太文字にした新編集版とFirst Guardianが変わるんですよね。それ以外は変わりません。

2012年10月 『psycho-pass サイコパス 1』(TV)
2014年  7月 『psycho-pass サイコパス 1 新編集版』(TV)
2014年10月 『psycho-pass サイコパス 2』(TV)
2015年  1月 『劇場版 psycho-pass』(映画)
2019年 1月 『サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』(映画)
2019年 2月 『サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方へ』(映画)
2019年 3月 『サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian』(映画)

つぎは、各作品のあらすじや作品同士の“繋がり”に関してもう少し解説していきましょう。

設定上の出来事やサイコパスシリーズのあらすじを時系列で解説

ここでは設定上で起きた出来事や各作品のあらすじを時系列で解説します。

各作品の繋がりはもちろんサイコパスの世界観も合わせて理解できるはずです。

2020年頃 世界崩壊が始まる(設定上の話)

新自由主義経済の歪みから貧富の差が拡大。政情不安から世界で紛争が勃発します。

そうした中、エネルギー及び食糧自給に活路を見出した日本は鎖国政策を開始。

国境・海域の警備を強化し紛争の波及を瀬戸際で防ぐことに成功します。

この結果、世界で唯一平和な国となりました。

サイコパス3が描く2120年で移民反発問題が出ている背景はここにあります。

鎖国したからこそ今の平和があるという意識が日本人の中で根強くあるのです。

2070年前後 シビュラシステムが稼働(設定上の話)

国内経済の立て直しを図るため、企業の国営化と失業者支援政策を開始。

失業者支援の一環で適性考査がシビュラシステムの前身とも言えます。

やがてシビュラシステムが開発され日本社会に本格導入。

食糧自給の確立し、経済成長と社会の安定化を確立させました。

この頃になると恋愛も就職もシビュラに委ねられ大学制度も廃止になっています。

2112年夏『サイコパス SS Case.2 First Guardian』公開日:2019年3月

同作の公開は2019年3月ですが、時系列ではサイコパスシリーズの中で一番古い作品です。

サイコパス1でイイ味を出した執行官の征陸とサイコパス2で登場の執行官の須郷が主人公です。

『First Guardian』は後述する『サイコパス1』の数ヶ月前が舞台。

この時点では須郷は執行官ではなく国防軍所属のドローンパイロットでした。

あらすじは須藤が参加した秘密作戦で大切な上官を失ってしまうところからスタートします。

しかし、作戦後におきた軍へのテロ事件の容疑者に死んだはずの上官の名前があがって…。

…というお話です。1時間の作品ながら2時間映画のような展開で面白かったです。

2112年11月『psycho-pass サイコパス 1』公開日:2012年10月

記念すべきサイコパス1は2012年10月によりノイタミナ枠で放送スタートしました。

1話30分で全22話の構成で主人公は新米監視官の常守と執行官落ちした元監視官の狡噛の2人。

その他、宜野座監視官をはじめとする刑事課1課の活躍を描いた作品です。

同作は1話ないし2話で事件が発生しますが、その裏には一貫して”槙島聖護”という黒幕が存在。

槙島は人殺しやテロを行っても犯罪係数が上昇しない“免罪体質”という特異な人間。

シビュラが裁けない相手に刑事課1課はどう立ち向かうのか?というのが主軸です。

『psycho-pass サイコパス 1 新編集版』公開日:2014年7月

こちらは先ほど紹介した『サイコパス 1』を文字通り新しく編集した作品です。

話の展開は変わらずですが『サイコパス 1』の2話分を1セットとし1話60分の構成に変更。

新たに追加したシーンもあるため、同じ話を見た人でも二度楽しめる作品となっています。

追加されたシーンによりキャラの魅力が増しているらしいとのこと。

僕はまだ観ていないため、これから見る予定です。めっちゃ楽しみや。

2114年『psycho-pass サイコパス 2』公開日:2014年10月

『サイコパス 1』の続編作品。話数はシーズン1に比べるとグンと減り1話30分の全11話です。

主人公は常守監視官。シーズン1からだいぶ成長して出来る上司になっています。

狡噛は諸事情によりあまり出ません。また、宜野座さんも諸事情により執行官へと降格…。

『サイコパス 2』は槙島聖護の事件が解決した後からスタート。

同作では新たな脅威として鹿矛囲なる男が事件の黒幕として登場します。

槙島は犯罪係数が変わらない存在ですが、鹿矛囲はシビュラがそもそも認識できない存在。

キャラクターの入れ替えはあるものの、話自体はさすがサイコパス。こちらも面白いです。

2116年7月 劇場版『psycho-pass』公開日:2015年1月

記念すべき映画化第一作目の作品です。時系列としてはサイコパス2の後の話を描いています。

時系列的には、サイコパス2とサイコパス3の中間に位置する作品です。(僕はまだ観ていない)

サイコパスはこれまでは日本を舞台にしていましたが、同作は打って変わって外国が舞台。

シーアンと呼ばれる内戦が続くアジアの国で話が進んでいきます。

このシーアンは日本社会に福音をもたらしたシビュラシステムの輸入先となる国。

そんな国で執行官だった狡噛慎也の反政府組織の一味として姿を現します。

なぜ狡噛が反政府組織に加わっているのか?事件を解決すべく常守が動く…というお話です。

まだ僕は観ていないのですが、常守と狡噛が同じスクリーンに出ることもあり期待大ですね。

2116年10月『サイコパス SS Case.1 罪と罰』公開日:2019年1月

サイコパス2から登場する霜月監視官と宜野座執行官の活躍をメインに描いた作品です。

青森にある特別行政区から逃げた女性職員が車の暴走事件を起こしたところから話はスタート。

事件を起こしたにもかかわず職員は早々に特別行政区への送還がすぐに決定します。

これに不信感を抱いた霜月監視官らは職員の送還に同行し行政区を探ることに。

そこで行政区に隠されたある秘密を知って…というお話です。

サイコパス2では、かなりイヤ〜な役だった霜月監視官ですが本作は若干良くなっています。

サイコパス2で描かれたなかった霜月監視官の正義感がちゃんと出ている作品ですね。

宜野座執行官とのコンビネーションも良かった気がします。

2117年11月『サイコパス SS Case.3 恩讐の彼方へ』公開日:2019年3月

同作は劇場版『サイコパスSS』シリーズの完結編とも言える作品。

シーアン共和国にいた狡噛慎也のその後を描いているのが特徴です。

シーアンの一件後、南アジアを転々としている狡噛がある小国で復讐に燃える少女と出会います。

そこで、少女に戦い方を教えていく一方で彼自身の過去と復讐と向き合うストーリーです。

僕は同作をまだ観ていないのですが、このあらすじだけ見ても面白いのが分かりますね。

シーズン1で元同僚を殺した槙島聖護への復讐に燃えた狡噛慎也。

その狡噛慎也が少女の復讐を通して、自分の過去を見つめ直す。面白くないわけがありません。

まとめ:『サイコパス3』をきっかけに時系列を振り返るのもアリ

ざっくりと時系列でサイコパスシリーズの各作品を紹介してきました。

サイコパスSSのFirstGuardianを除くすべての作品は公開順=時系列となっています。

作品の時系列がバラバラではないため、比較的振り返りやすいと思いますね。

 

サイコパス3には常守や狡噛、宜野座といった過去作のキャラが多く登場します。

サイコパス3をより楽しみたいなら過去作を見たほうがよいでしょう。

登場する過去キャラの背景を知ったほうが単純に感情移入しやすいですからね。

 

例えば、2話で狡噛と宜野座の2人が登場したときの喜びは過去作を観ていないと得られません。

狡噛と宜野座の関係はけっこう奥が深いというかエピソードが詰まっているんですよね。

昔は2人とも監視官同士。しかし、狡噛は執行官落ちしてシーズン1の最後では殺人犯となり逃亡。

一方の宜野座もシーズン2では狡噛と同じく執行官落ちになってしまいました。

そうした2人が再びコンビを組んで現れた。もう感激しかないわけですよ。

 

これはシリーズを観ていないと分かりません。

サイコパス3をより楽しみたいなら過去作品の復習を強くオススメしますね。

 

ちなみに仮にサイコパスの過去作品を観たいならFODがオススメです。理由は2つあります。

  • サイコパスシリーズの全作品を扱っている

Amazonプライムなどの動画配信サービスもありますが、TVシリーズだけだったりするんです。

劇場版などは未配信ないんですよね。その点FODは全作揃っていますからオススメだと思います。

  • 初回トライアルなら1ヶ月間無料で楽しめる

あとはこれは他の動画配信サービスでもありますが、初回は1ヶ月間無料で利用できます。

お財布に優しいため、サイコパスシリーズを振り返りやすいと思いますね。

こうした理由からサイコパスの復習をするならFODが一番です。

『サイコパス』全作を観れるのはFODだけ
過去作見れば『サイコパス3』の楽しさUP
キャラへの愛着も、謎解きの考察も深まる
エンタメにそこまでお金を出せないって?
FODは初回登録で月額888円がタダになる
しっかり楽しみつつ、ちゃっかり節約可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました